哲学.jpg

なぜ英語学習に哲学が必要か

1.話すには中身がいる
英語とはコミュニケーションツール(管のような物)であって、コミュニケーションその物ではありません。管を通す豊かな中身があって始めて英語は機能します。

2.豊かなコミュニケーションとは
豊かなコミュニケーションとは、「うちの旦那は休日にはゴロゴロして邪魔くさい」「うちもそうよ。」というようなものではありません。自分の考え、思い、夢、目標などを人と語り合ったり、自然や芸術の美などに接したときの感動を伝え合ったりすることです。

3.哲学は自分を知ること
私達が持つべき哲学とは、自分の価値観、人生観、幸福観などをきちんと見定め、どうやって生きていくかの指針を持つことです。しかし自分の考えだけでは偏狭になってしまったり、堂々巡りになってしまうこともあります。そんな時に、本からヒントを得たり他の人から学ぶことで、私達は自分の考え方をより良い方向に向けることができます。

4.英語学習は自分の話題で練習するのが一番
言語の学習は様々な例文を通して文法や表現を学んでいきますが、自分と関係のない表現で練習してもなかなか身につきません。『使う実感』が無いままの練習はほとんど無駄になってしまいます。しかし自分のことを語る練習をしながら、それに必要な文法や表現を学べば、
英語が身につくと同時に、語る話題も蓄積できます。

5.日本語でいいので考えをノートに書き留めておこう







DSC_0364.JPG

大見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、


109364.jpg

大見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、


small.jpg

大見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、


2013.01.31
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、
2013.01.31
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、